更新情報news

サステナビリティについてSUSTAINABILITY

 サステナビリティとは、広く環境・社会・経済の観点から、世の中を持続可能に発展させていこうとする考え方です。近年よく耳にするようになったSDGs(Sustainable Development Goals)は、2030年に向けて世界が持続可能に発展していくためのあるべき姿(ゴール)を形にしたものです。
SDGsを達成するためには、解決すべき複雑に絡んだ社会課題が存在し、多様なアクター(国・自治体・企業・NPOやNGO・個人など)の参画が求められています。
 SDGsには、多くの事業機会やリスクが示されており、取り組まないことが大きなデメリットになると言われているため、企業の参画が急増しています。しかし、世界規模のスケールで示されるSDGsに、企業が具体的に取り組むには、ノウハウが必要となってきます。
 弊社では、SDGsを核として、事業活動を通じて社会課題の解決を目指すお客様を支援するためのコンサルティングサービスを展開しております。

気候変動 近年、気象現象の激甚化が進んでおり、豪雨や台風、記録的な猛暑などが頻発する状況になってきています。こうした状況に対して、パリ協定で掲げられた2℃目標に向けて、グローバル企業を中心にSBT(Science Based Targets) やRE100などにコミットする企業も増えてきており、脱炭素社会に向けて取組みが広がってきています。また、気候非常事態宣言を宣言し、気候変動対策に取り組む自治体や団体も徐々に増えてきています。

生物多様性の保全 生物多様性とは、多様な生き物が相互に関連しあっている状態のことを指します。近年、人間の活動により、生き物の絶滅スピードが加速していると言われています。主要な原因としては、自然資源の過剰な利用や、気候変動などが挙げられます。そのため、企業も持続可能な自然資源の調達(例えば木材・紙や水産資源、パーム油など)や、脱炭素による気候変動対策に取り組むことが求められています。

エシカル消費 エシカル消費とは、消費者それぞれが各自にとっての社会的課題の解決を考慮したり、そうした課題に取り組む事業者を応援しながら消費活動を行うこと(消費者庁ホームページより)と定義されています。例えば、認証ラベル(RSPO認証、FSC森林認証等)の付いた商品を選ぶ、リサイクル素材を使用した商品を選ぶ、地産地消をするなどの手段により、個人個人が消費活動を通じて地球環境を守ることができます。

事業内容SERVICE

サステナビリティ
コンサルティング事業

SDGs推進コンサルティング

2017年、サラヤ株式会社は第1回ジャパンSDGsアワードの外務大臣表彰を受賞しました。SDGsの基本コンセプトである社会貢献しながら収益を上げる取り組みについて、サラヤ社内で培われた活動をもとに、具体的なシステムデザインのコンサルティングを行ないます。

  • 社内基礎研修
  • SDGsの具体的施策のアドバイス
  • 社内推進マネジメントシステムの構築など
100万人の手洗いプロジェクトの様子
ウガンダでの「100万人の手洗いプロジェクト」
SDGsワークショップの様子
SDGsワークショップ

気候非常事態対応コンサルティング

いま世界中で気候危機が叫ばれており、世界各地の政府や自治体で気候非常事態宣言が発表されています。企業や団体においてもこの動きは始まっており、具体的な行動計画の作成と実行が進んでいます。東京大学名誉教授の山本教授監修のもと、行動計画作成の支援をコンサルティングいたします。

気候非常事態行動計画作成ガイドブック
気候非常事態行動計画作成ガイドブック(SBS企画)

プラスチック汚染防止コンサルティング

プラスチックによる海洋汚染の防止は、関連するメーカーにおいて喫緊の課題です。その推進方法と市場でのレピュテーション向上についてアドバイスを行ないます。こうした活動を推進する関連団体との連携も重要であり、削減および活動アピールの両面からそのスキームを支援いたします。

海洋プラスチック削減プロジェクトの様子
Race for Water財団による海洋プラスチック削減プロジェクト(特定非営利活動法人ゼリ・ジャパン 主催、経済産業省、環境省後援)

食品衛生サポートコンサルティング

サラヤ株式会社では、食品製造事業所を対象にお客様の衛生管理について、長年サポートを行ない高い評価をいただいてまいりました。そのノウハウをもとに、原料から製造および販売にいたる食品サプライチェーンについてアセスメントを行ない、より安全安心をお届けする体制づくりを支援いたします。

サラヤ食品衛生インストラクター
サラヤ食品衛生インストラクター

ISOマネジメントシステムのアセスメント

環境および品質など、企業内のISOマネジメントシステムの運営実態のアセスメントを行ない、課題を解決します。

  • 内部監査のレベル評価
  • 調達先の監査代行
  • マネジメントシステムの統合による効率化
  • 評価ツールの改善など
専門コンサルタントによるアセスメントの様子
専門コンサルタントによるアセスメントの実施

社内研修プログラム

サステナブル関連研修とともにビジネススキル関連研修(ビジネスマナー、インプレッション、コミュニケーションスキルなど)について一般社員からエグゼクティブまでを対象に企画致します。

サラヤSBSについてCAMPANY

サラヤ エスビーエス株式会社
(Saraya SBS Co.,Ltd.)
本社所在地
大阪市東住吉区湯里二丁目2番8号
資本金
金5000万円
代表取締役
根本三千夫
役員
取締役:根本三千夫、更家悠介、代島裕世、竹内光男
監査役:西尾達郎
事業内容
マネジメントシステム支援及び監査業務、 SDGsほかコンサルティング業務、文書管理、 データ管理、研修業務 など

経営理念 企業が抱える重要課題をお客さまに寄り添い、課題を発見し、新しい価値を提供し続ける、ビジネスパートナーであり続けます。 お客さまに高い品質のサービスを提供することで社会的貢献を果たします。

品質方針【シェアードサービス/
マネジメントシステムサポート】
世界の衛生・環境・健康の向上に貢献するサラヤをTQM(マネジメントシステム)で支援します。

【コンサルティングサービス/CSV型企業への
コンサルティングサポート】
本業を通じて、社会的課題を解決するCSV(共有価値創造)を目指すお客さまに支援します。

行動指針 サラヤサステナビリティ推進方針に準拠して目標達成に向けて行動します。

サステナビリティ推進方針 サラヤの事業目的は、世界の「衛生・環境・健康」の向上に貢献することです。
いま、世界の持続可能性について懸念がある中、サラヤの事業目標を通じて少しでもその解決に貢献したいと思います。目的達成に向けてグローバルなネットワークを構築し、国内外に独自な商品やサービスの提供を行うことで、事業を発展させます。そして、サラヤはビジネスを通じて、地球環境課題、社会的課題への対応を経営方針の重要事項のひとつと位置付け、お客様への環境価値提案を通して、持続可能な社会の実現に貢献します。

お問い合わせINQUIRY

*は必須項目です
*会社名
*お名前
*メールアドレス
*メールアドレス(確認用)
*件名
*内容